小椋プロデューサー、作戦その55

みなさんこんにちは。小椋悟といいます。
WEBプロデューサーやってます。
周りからは「小椋プロデューサー」とか「オグピー」とか
「おぐおぐ」とか呼ばれてます。
今後どうぞお見知りおきを。

 

さて、モテるためのセルフプロデュース作戦の第55弾です。

前回は『夏フェスを利用する!』でした。

今回は『婚活アプリは使える?』です!

 

婚活という言葉がすっかり浸透している昨今、婚活を後押しするさまざまなサービスが登場しています。

以前紹介した婚活パーティーや街コンなんかもそうですね。

 

f:id:oguogu00000:20170201144715j:plain

 

しかし、婚活パーティーや街コンを企画している会社に登録して、日程を選んで、実際に出かけて…って結構手間ですよね。

参加しても連絡先交換できなかったり、その後につながらなかったりするし。無駄が多い!なんて僕は思うわけです。

僕みたいなタイプにおすすめなのが「婚活アプリ」です!

 

婚活アプリは「マッチングアプリ」とも呼ばれていますね。有名なものだと「Pairs -ペアーズ-」とか。

スマホでアプリをインストールすれば、さまざまな相手を直接やりとりできてデートの約束を取り付けられるという画期的なシステム。

余計な仲介をはさまないので、無駄が少なくスピーディー!

 

個人対個人でやりとりするのはひと昔前の「出会い系サイト」なんかを彷彿とさせますよね。

僕みたいな30代の人間は危険じゃないの?なんて思ったりするのですが、今の若い子たちはそうでもないみたいです。

普通の会社員やOLもたくさん登録しています。大体20代~30代の利用者が多い印象。

 

出会い系サイトに比べて危険性が低い1つの要因として月額利用料がかかることがあります。

ペアーズなんかは女性が無料で男性が月額2980円~かかりますし、同じく婚活アプリの「Omiai」は男女共通で月額2780円~かかります。

「マッチングドットコム」は月額3980円から。

お金払ってまで犯罪おかそうとする人はいませんしね。

傾向としては、月額料金が高いアプリの方が婚活本気度の高い利用者が多いみたいですね!その分年齢層も上がってくるというか。

 

で、肝心の「出会い」についてですが。

結構、使えます!婚活アプリ。

実際に僕の周りでもアプリで知り合って付き合った子がいますし、婚約したなんて子も。

アプリという手軽さからか、さまざまなタイプの良い意味で「普通の」女の子たちがたくさんいます。

可愛い子も綺麗な子も多いです。あくまでもプロフィール写真での判断ですが…。

あと人脈を広げるという点でもマッチングアプリは有効ですね。

例えカップル成立しなくても、「お友達」としてその後も付き合うパターンが多いみたいです。もちろん一切音沙汰なくなる場合もありますが。

 

スマホが一台あれば出会いの可能性が無限に広がる「婚活アプリ」、ぜひ使ってみてください!

 

今回はこの辺りで。

小椋悟でした!