小椋プロデューサー、作戦その48

みなさんこんにちは。小椋悟といいます。
WEBプロデューサーやってます。
周りからは「小椋プロデューサー」とか「オグピー」とか
「おぐおぐ」とか呼ばれてます。
今後どうぞお見知りおきを。


さて、モテるためのセルフプロデュース作戦の第48弾になります。
前回は「男が嫌いな男 飲み会編」でした。
今回は『相席居酒屋は出会いに有効か否か』です。

 

f:id:oguogu00000:20161219170521j:plain

 

相席居酒屋とは「合コン居酒屋」とも呼ばれます。

男性は30分1500円、女性は無料で飲み食いできる居酒屋のことです。

婚活パーティーのように対象者に年齢や職業などの明確な縛りがないので、さまざまな女性と出会い飲むことができます。

 

これはあくまで僕自身の経験からの意見ですが、僕は出会いを求めるのに相席居酒屋を使うのはあまりお薦めできません。

なぜなら、『払う金額に対して還元される利益が少ないから』。これに尽きます!

 

相席居酒屋は基本的に女性が無料で、その分を男性が払い自動的に男性が「おごる」システムです。

とある調査で分かったことなのですが、恋人と出会いたくて相席居酒屋に来ることが多い男性に比べて、女性は「無料で飲めてお得だから」という来店理由が最も多かったそうです。

つまり、相席居酒屋に来る理由が男女で決定的に食い違っているんですよねぇ。

またこれは男女ともに言えることですが、来店する人間のタイプが幅広すぎてなかなか好みのタイプに出会えないという「効率の悪さ」があります。

惚れた相手が好みです、という人ならいいのですが、大抵の人間には好みのタイプがありますよね。

誰と相席になるか分からない相席居酒屋よりも、あらかじめ来る人間のタイプが予想できる婚活パーティーの方が効率良く出会える!というのが僕の経験談です。

1時間いるだけで3000円かかる相席居酒屋より、2時間5000円で婚活パーティーに行った方が満足感がありました。

 

でも、異性の友達づくりなら相席居酒屋はおすすめです!

初対面とはいえアルコールが入っているので打ち解けるのも早いですし、さまざまなタイプの女性がいるので普段なかなか聞けない話が聞けたり。

こういうのは相席居酒屋ならではのメリットだな~と思いますね。

 

 

今回はここまで。

小椋悟でした!