小椋プロデューサー、作戦その43

みなさんこんにちは。小椋悟といいます。
WEBプロデューサーやってます。
周りからは「小椋プロデューサー」とか「オグピー」とか
「おぐおぐ」とか呼ばれてます。
今後どうぞお見知りおきを。


さて、モテるためのセルフプロデュース作戦の第43弾になります。
前回は「人たらしはなぜモテるのか」でした。
今回は『不器用な男は30代女性からモテる』です。

 

f:id:oguogu00000:20161207143422j:plain

美味しいお店や話題のスポットを知らない、料理がまったくできない、ファッションに気をつかっていない、愛情表現が下手、女性の好意に気付かず鈍感……などなど、これらの特徴は「モテない男性」に顕著です。


しかし、捨てる神あれば拾う神あり。どういうわけかこの「不器用でモテない男性」の価値がグッと上がる層があります。
それは30代女性。
なぜ不器用男子は30代女性からモテるのでしょうか。

 

いわゆる小・中学生~高校生までであれば、モテる条件は割と単純で「ちょっとヤンチャ」であること、これに限ります。
見た目がカッコイイ(ちょっと悪そう)、運動神経抜群(ちょっと悪そう)、実は成績抜群(でもちょっと悪そう)というこの「ちょっと悪そう」のスパイスがガンガンに効力を発揮するのがティーンネイジャーたちなのです。


それに対して大学生~20代前半になると、顔の良い男がモテるのは当然として、そこに学歴や収入など現実的な計算が加わってきます。特に大企業に勤めている男性や、若くして独立した社長、医者、弁護士など、将来性+華やかさが人気ポイントです。


ところが20代後半になると、顔の良し悪しより価値観の一致や安定した収入など、「一緒にいて安心できるかどうか」が重要視されるようになります。この辺で男性に求める条件に変化が生じるわけです。


そして30代。キャリアを積み、収入が増え、自分の時間を自由に使えるようになったとき、女性が求めるのは「面倒くさくない相手」です。この年頃の女性は、イケメンで高収入な男性はもちろん好きだけれど、それより「自分の意見や価値観を大切にしてくれる、衝突の少なそうな相手」の方が長く一緒にいられると思い始めます。


そしてそんな女性たちから人気なのが、「不器用で(女性側が)コントロールしやすい男」なのです。


イケメンで高収入な男性は、当然モテます。中にはモテる自分を自覚しているせいか、女性を見下したり浮気したりと、女性にとって厄介な存在になりうる可能性も秘めています。


時間もお金もある程度の社会的信頼も得た女性は、そんな面倒な案件にわざわざ手を出しません。そんな手間のかかる男より、不器用だけど浮気の心配がなく、自分が主導権を握ってコントロールできる男と付き合った方が楽だし、安心できるからです。


今、「自分は不器用だからモテない」と思っている方。
狙い目は30代女性です。
彼女たちはその不器用さに価値を見出してくれます。ご検討あれ。


今回はここまで。
小椋悟でした!