小椋プロデューサー、作戦その36

みなさんこんにちは。小椋悟といいます。

WEBプロデューサーやってます。

周りからは「小椋プロデューサー」とか「オグピー」とか

「おぐおぐ」とか呼ばれてます。

今後どうぞお見知りおきを。

 

さて、モテるためのセルフプロデュース作戦の第36弾になります。

前回は「モテ方の研究と実践を怠らないでモテる」でした。

今回は「人生を満喫することでモテる」です。

 

これまで僕が出会ったモテる人の中に、つまらなそうに生きている人は一人もいませんでした。もちろん、口数少なめで苦み走ったいい男もいましたよ。でもそうしたタイプもやはり、口数が少なくてポーカーフェイスながら、人生の今その時を楽しんでいるような人物でした。

 

社会人は楽ではありませんよね…。

政治的な思惑が複雑に絡み合った人間関係、家のローンや子どもの学費といった経済面の心配など、誰もが、考えたら気が重くなる悩みを抱えていると僕は考えています。でも、一度立ち止まって冷静にこの1週間を振り返ると、気が重くなることばかりではないことに気づいてもらえると考えています。

 

仕事を終えて家に帰ったら、まだ幼い子供が「パパおかえりー!」と笑顔で元気に駆け寄ってくれた、

行きつけのカフェのスタッフで前から「かわいいな」と思っていた人と、片言だけど初めて話ができた、

苦手だった上司とたまたま複数で飲みに行ったら、実はただの気さくなおっさんだった、

どうですか? 一度冷静になって考えると、人生って楽しいことばかりじゃなですか?

 

暗い顔をしてつまらなそうな顔をしているから本当に嫌なことが起こる、

どんなに嫌なことがあろうが前向きに明るく生きているから人生が楽しくなる、

僕の座右の銘の一つです。

 

そして…

自分自身の人生を楽しめない男に、女の子の側から寄ってくるわけがないのですね。女の子を楽しませることで笑顔が返ってくるから自分も楽しくなり、更に相手を楽しませようという気になる、

う~ん、本当に理想的な好循環だと考えます。

 

一度しかない人生、満喫してモテモテの人生を送りましょう!

 

今回はここまで。

小椋悟でした!