読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小椋プロデューサー、作戦その34

みなさんこんにちは。小椋悟といいます。

WEBプロデューサーやってます。

周りからは「小椋プロデューサー」とか「オグピー」とか

「おぐおぐ」とか呼ばれてます。

今後どうぞお見知りおきを。

 

さて、モテるためのセルフプロデュース作戦の第34弾になります。

前回は「和して同ぜずでモテる」でした。

今回のテーマは、『チャラいけどやっぱりモテる男』です。

f:id:oguogu00000:20161116173850j:plain


女性には「この人チャラいな」とわかっていても、

つい惹かれてしまう男がいるといいます。

そういう男は、たいてい女性経験が豊富で、女ウケを攻略している恋愛上級者です。

本気になったら振り回されてしまう、そうわかっていても心が動いてしまう男。

今回はそんな男たちからモテテクを学んでいきたいと思います。


1.「俺モテるから」と自信に満ち溢れた俺様男

自分で「俺モテるから」と言ってしまうほど、自信に満ち溢れている俺様男。

女性が「嘘でしょ」「この人強がっているな」と判断した場合は別ですが、

「確かに、モテそう」と少しでも思った場合は、その自信たっぷりの姿に

心惹かれてしまうそうです。

草食系男子が主流の今、女性の中には常に堂々としている俺様系の男性に惹かれる人も

少なくありません。特にMっ気のある女子は、亭主関白な人に弱かったりします。

そんなMっ気のある女子ほど「俺と付き合わないのは損だよ」とアピールしてくる

ナルシストな男を男らしい人と錯覚して惚れ込んでしまうのです。

 

2.すぐに「かわいいね」と褒める男

会ったばかりなのに「かわいいね」「俺のタイプ」と言うノリが軽い男性。

同姓の目から見ても明らかにチャラいのですが、やっぱり女子はちやほやされたい

生き物。全く自分に興味を持ってくれない男性よりは、断然褒めてくれる男性に

惹かれるのです。

 

3.おいしいお店を知っているグルメな男

チャラい男には、おいしくてお洒落なお店に詳しい人が多いです。

女性だって、デートでとっておきのお店に連れって行ってもらえたら、

大切に扱われている気分になって嬉しいはず。

女性ウケのいいお店を知っている男は、女性の心を掴む術を知っている男

でもあるのです。

 

4.年上の女性と付き合っていた経験がある男

お会計をスムーズに済ませる、タクシーを呼んであげる、荷物を持ってあげる……

などなど、デートの際に何をとってもスムーズにこなすジェントルマンな男。

これも女慣れしたモテる男だからこそできる気遣いといえるでしょう。

常に大人な対応ができる男は、年上の女性と付き合っていた経験があるはず。

年上の女性と大人なデートを経験しているからこその余裕と先回り、

それこそが女性をヤキモキさせると同時にうっとりさせるのです。


いかがでしたか。

チャラい男たちをライバル視する前に、彼らから学べることをよく吟味し、

自分の技として取り入れてみるのもいいと思いますよ。

 

今回はここまで。
小椋悟でした!