読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小椋プロデューサー、作戦その24

みなさんこんにちは。小椋悟といいます。
WEB
プロデューサーやってます。
周りからは「小椋プロデューサー」とか「オグピー」とか
「おぐおぐ」とか呼ばれてます。
今後どうぞお見知りおきを。

 

さて、モテるためのセルフプロデュース作戦の第24弾になります。

今回は『サプライズができる男』についてです。

 

先日大学時代の女友達と飲む機会がありました。

彼女は最近結婚した新婚さん。

さぞのろけるんだろうなぁと思いきや、彼女の口から出たのは驚くべき言葉でした。

 

「彼さぁ…サプライズしてくれないんだよね」

 

どうやら彼女の旦那は誕生日も「欲しいものはなに?」と直接彼女に聞いてくるタイプらしく、クリスマスも特にプレゼントは無し、プロポーズも家にいる時に「籍入れる?」と直球で来たのだとか。

「私だってたまにはサプライズされたいよ!高層ビルで夜景見ながらフレンチ食べてる時にサプライズでプレゼントとか欲しいよ!」

と彼女は不満を爆発させていました。

 

男からしてみたら相手が喜ぶか分からないサプライズにお金を使うのはリスキーだし、誕生日プレゼントは直接欲しいものを聞いた方が確実ですよね。

しかし、モテたいならそういった考えは忘れましょう。

 

全ての女性が…とは言いませんが、多くの女性はサプライズが好きです。

モテる男性はそのことを熟知しており、女性とのイベントごとにさり気なくサプライズを挟むのがとても上手い。

 

とは言っても、やみくもにただサプライズをすればいい、というわけではありません。

サプライズには4つのルールがあります。

間違ったサプライズをして女性をドン引きさせないためにも、4つのルールをしっかり覚えておきましょう!

 

(1)荷物になるプレゼントはあげない

せっかくのサプライズだから…!と張り切って大きな花束や大きなぬいぐるみをプレゼントであげてしまうのはNG。

ただの荷物になりますし、周りの注目を浴びて女性自身が迷惑をこうむることに。

 

(2)高価すぎるプレゼントをあげない

誕生日や記念日など、高価なプレゼントを渡しても場違いではない場合は良いですが、そうでない場合に高価すぎるプレゼントを渡すのは女性をドン引きさせてしまいます。

 

(3)デートサプライズは厳禁

デートでどこに行くか秘密にするデートサプライズは絶対厳禁!

女性はデートの場所に合わせたファッションをします。

サプライズで山に連れていったけれど彼女がヒールを履いていたり、高級フレンチに連れていったけれど彼女がカジュアルな服を着ていたりしては、デート自体楽しめませんし、女性が気分を害する危険性も。

 

(4)サプライズは「意外性」を大事に!

「意外性」は漠然としていてなかなか難しいですが、相手の女性が思いつかないけれど、喜んでくれそうなことを一生懸命考えましょう。

一生懸命サプライズを考える作業がモテる男を生んでいきます。

 

 

何やら難しいサプライズ。

しかし上手にサプライズができる男性は間違いなくモテます。

女性が喜ぶサプライズをさりげなくできるように、男を磨いていきましょう!

 

今回はこの辺りで。

小椋悟でした!