読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小椋プロデューサー、作戦その16

みなさんこんにちは。小椋悟といいます。
WEBプロデューサーやってます。
周りからは「小椋プロデューサー」とか「オグピー」とか
「おぐおぐ」とか呼ばれてます。
今後どうぞお見知りおきを。

 

さて、モテるためのセルフプロデュース作戦の第16弾になります。
前回は「放っておけない男」でしたが、
今回は『声のいい男』について。


そんなに親しくない人でも「この人良い人かもしれない」、逆に「嫌な感じのする人だな」と感じることがありますよね。これらの印象はどこから来るものなのでしょうか。
もちろんその人の顔つきやシルエットなどの外見でも判断していますが、実は私たちは、「声」からでも判断しているのです。

では実際どのような声が好印象を持たれるのでしょうか。
今回は「女性にモテる男性の声の特徴」5パターンを紹介します。

 

1.低音の声
圧倒的に人気な声が「低音」の声です。女性は男性に比べると低い声が出せません。なので低音のほうが「男性らしさ」を意識させますし、大人の落ち着きといった安心感も抱かせます。高い声よりは低い声のほうが「頼りになる」という印象もあるようです。
芸能人で言えば福山雅治さん、麒麟川島明さん、ケンドーコバヤシさんなどの声が、
この声のパターンに当てはまります。

 

2.通る声
人の多い場所でもよく通る声の人がいます。実はこの声も「モテる」声なのです。よく通るということは、耳に入りやすい・聞きやすい声ということになります。さらに滑舌がよければ言うことなし。
Mr.Children桜井和寿さん、スピッツ草野マサムネさんがこのパターンに当てはまります。

 

3.大人の色気を感じさせる声
少し潤いのある、色気を感じさせる声はやっぱりモテます。ガサガサ声やしおれた元気の無い声よりは、色気があって余裕を感じさせてくれる声のほうが好印象なのは当然。渋みも魅力となります。
芸能人で言えば、阿部寛さん、玉木宏さんなどがこのパターンに当てはまります。

 

4.澄んだ声
「爽やか」という印象になる澄んだ声もモテます。ガサガサと声にノイズが入ってしまう人もいますが、それよりはノイズのないクリーンな声のほうが聞きやすいからです。なお、男性の声は一般的に年をとるごとにかすれていくと言われていますが、澄んだ声だと「若さ」を感じられます。
妻夫木聡さんや堺雅人さんがこのパターンに当てはまります。

 

5.囁いているような優しい声
「男性=低い声」というイメージからいえば、そんなに人気がないのでは?と思う人も多いと思いますが、実は囁いているような優しい声もモテる声の1つです。囁いているような声と言っても、ボソボソ話しているような声ではありません。声のトーンを落としてもよく通る声という意味です。囁き声は特別感を感じさせるので、自分を異性として意識させるには一番効果のある声かもしれません。
森本レオさん、水嶋ヒロさん、福士蒼汰さんなどがこのパターンに当てはまります。


自分の声はどこかに当てはまっていましたか?
声は印象を決める要素の4割を占めるといわれています。
生まれつきの声帯は変えられませんが、
声を出す時の姿勢やスピード等を少し気をつけることで、声の質を良くすることは可能です。

日々の自分の話し方に気をつけて、モテる声を目指しましょう!


今回はここまで。

 

ではまた!