小椋プロデューサー、作戦その9

みなさんこんにちは。小椋悟といいます。

WEBプロデューサーやってます。

周りからは「小椋プロデューサー」とか「オグピー」とか

「おぐおぐ」とか呼ばれてます。

今後どうぞお見知りおきを。

 

さて、モテるためのセルフプロデュース作戦の第9弾になります。

前回は「モテる男の顔」についてでしたが、

今回は『イケメンじゃなくても「なぜかモテる男」の条件TOP30』

について。

 

街を歩いていて、凄く可愛い彼女と一緒に居るイケメンではない男性。

「何であいつに彼女ができて俺にはできないんだ?」と思った事はありませんか?

世の中にいる「イケメンだし彼女も居るしモテモテだし!」なんて人は、

芸能人くらいです。

実は、一般人の中でモテる男の特徴はルックスではありません。

つまり、カッコ良いからモテるという解釈は間違っているのです。

 

もちろん最近は芸能人ではなくても、ある程度のイケメンは増えましたよね。

ただし、モテるのではなく、他の男性よりも注目されているだけだったりします。

 

女性に好かれなければならないホストを考えても、

No.1の男性よりもNo.2の男性の方がイケメンである場合がほとんどです。

10代の頃ならば外見だけで選んでいた女性達も、

社会人にもなれば中身のある男性を選びます。女性は実は現実的なんですね。

 

そこで今回は、「イケメンじゃなくてもモテる男の条件TOP30」を女性目線で選んで、

ランキングにしてみました。

とりあえず今回は30位から21位までご紹介。

 

30位 雑誌やネットの情報ばかりに頼らない

女性とデートとなると、雑誌やネットの口コミでお店を探す。これは誰もがよくやる事です。しかし、毎度連れて行かれるレストランが他人からの受け売りだったらどうでしょう? 女性からすると、周りの情報に頼らないと何処にも行けないの? となるわけです。それよりも「この間行ったカフェのスイーツが凄く美味しかったんだよ」と、本人が行った事のあるお店を紹介してくれる方が頼りになります。情報はあくまで補う程度にしておきたいですね。

 

29位 自慢話をしない

モテようと思い、自分を良く見せようとして、気付けば自慢話ばかりしている人は意外と多いもの。特に、武勇伝や過去の栄光に浸る男性を見ると、女性は今の自分に自信が無いのだなと感じます。モテる男は、少しクサイ様に聞こえますが、今を生きています。現在の状態で勝負できる人は、自慢話を自分の口からはしないのです。

 

28位 ブランドにこだわらない

ブランドでガチガチに固めている男性はモテません。話の話題くらいにはなるだろうけれど、ブランドで固めているから格好良いとはならないのです。ブランドで武装している男性に女性が思う事、それは「無理してるなぁ」です。ブランドにこだわらず、自分の好きな物や使い勝手などで服や小物を選ぶ男性は、文句なしに素敵です。気に入ったから、と女性物の財布を使っていたり、ノーブランドの服を着こなしている方が、オシャレだし芯が通っているなと思うのです。

 

27位 チープなプレゼントができる

好きだから! とイキナリ高い指輪やブランド財布をプレゼントされると、女性は引きます。逆に、チープでも気の利いたプレゼントができる男性がモテるのです。例えば「この間行った雑貨屋、良かったよ」と1000円位の小物を渡すと、凄く喜ばれます。安価であれば受け取る側も気楽ですし、それが相手の趣味に合うものだったらなおさらです。金額やブランドといったネームバリューに頼らず、自分のセンスを発揮できるものがいいでしょう。

 

26位 親しき中にも礼儀あり

優しい男性はモテる、というのは事実です。しかし例外もあります。確かに冷たい人よりはモテますが、度が過ぎた優しさは逆効果です。優しさの押し付けほど、うっとおしいものはありません。女性に優しく接する時、親しき中にも礼儀ありの精神ならばモテます。しかしプライベートのところまで入り込むと、無神経な人と思われてしまいます。お節介の手前の優しさがポイントなのです。

 

25位 アドバイス上手

女性に物事を教えてあげようと思う姿勢は問題ありません。ただし、上から目線で教えたり、批判から入る言い方だったり、やたらと「○○はダメ」という言い方をしてしまうと逆効果です。「○○の方が良いよ」とプラスのイメージでアドバイスしたり、褒めながらアドバイスすると、素直に喜んでもらえます。何か分からないことがあれば、またこの人に聞いてみよう! と思ってもらえるかどうかが肝心なのです。

 

24位 自分の感想が素直に話せる

明らかに空気が読めないのは困りますが、周りが同じ意見の中で「俺は違うと思う!」と素直に自分の意見が言える人は、物凄く男前に見えます。最近の男性は意見を周りに合わせてばかりで、自己主張が弱めです。つまらない人と思われないためにも、程よく自分の意見の主張ができるようにしましょう。

 

23位 失敗を認め、見せることができる

どんな有能な人でも失敗する事はあります。しかし自分の失敗を恥ずかしがり弁解ばかりする人は、周囲から幼くみられますし、当然女性からもモテません。自分の失敗を受け止めて反省し、しっかりと謝罪できる人には、大人としての魅力があります。人に失敗する姿を見せることができる人ほど、他人の失敗を責めませんから、一緒に居て安心できるのです。

 

22位 決断力がある

いつの時代も、決断力のある男性はモテる傾向にあります。女性に「何食べる?」「どこに行く?」「どうする?」と聞かれてずっと悩んでいる男性は、頼りないと思われて当然です。女性は正解を答えて欲しい訳ではありません。要は自分の意見があるかどうか。それが女性の求めていた意見ではなくても、直ぐに決めて行動できる男性に頼もしさを感じるのです。

 

21位 小さい事にこだわらない

いくらイケメンでも、女性のちょっとしたミスが許せない人はモテません。遅刻をしたことをいつまでもネチネチ言う様なタイプでは、お互いにピリピリし、疲れてしまいます。その点、腹が立っても大らかに構えることができる男性はモテます。大らかで居てくれると、女性からしても謝りやすいですし、包容力があるなと思うのです。

 

いかがでしたでしょうか。

次回は20位から11位をご紹介します。


今回はここまで。


ではまた!