小椋プロデューサー、作戦その7

みなさんこんにちは。小椋悟といいます。

WEBプロデューサーやってます。

周りからは「小椋プロデューサー」とか「オグピー」とか

「おぐおぐ」とか呼ばれてます。

今後どうぞお見知りおきを。

 

さて、モテるためのセルフプロデュース作戦の第7弾になります。

前回は「空気を読む」についてでしたが、

今回は『モテるお金の使い方』について。

 

モテる男は、上手なお金の使い方を知っています。

女性の気を引くために無理に大枚をはたいて見栄を張ったり、

堅実な男を演出しようとアレコレ細かく計算したり、

そういった野暮なふるまいを女性は嫌います。

 

使うべき場面で使うべき額をスマートに使うため、

以下の心得を忘れないようにしましょう。

 

■モテる男は「食事」にお金を使う!
デートでどんなにスマートなエスコートをして見せても、連れて行ってくれた先のレストランが残念なものだったら、女性はガッカリしてしまいます。モテる男性は、女心を理解、女性が喜びそうなお店をたくさん知っているのです。

 

■モテる男は「見た目」にお金を使う!
清潔感は必須条件です。女性は靴や小物を本当によく見ています。手入れがされていないボロボロの靴などはもってのほかです。高級ブランドでなくてもOK。大切なのは、自分に合っていて手入れの行き届いた小物を身につけていることが、モテる男の条件と言えるでしょう。

 

■モテる男は「人付き合い」にお金を使う!
いつも人におごったり、常に大盤振る舞いをする必要はありませんが、ここぞという大事な場面で支払うことで、相手からの信用を得ることができます。大事なところはケチケチしないというのは、モテる男の条件と言えるでしょう。

 

■モテる男はお金を適度に管理する
お金の管理ができている男性とできていない男性を比べた際、当然できている男性のほうがモテる男と言えますが、アンケートの結果6割以上の人が“きっちり”よりも「ゆるーくできている方がいい」と答えました。お金の管理は細かすぎず、適度にできているほうがモテる男と言えるようです。

 

いかがでしたか。

今回はここまで。


ではまた!