小椋プロデューサー、作戦その6

みなさんこんにちは。小椋悟といいます。

WEBプロデューサーやってます。

周りからは「小椋プロデューサー」とか「オグピー」とか

「おぐおぐ」とか呼ばれてます。

今後どうぞお見知りおきを。

 

さて、モテるためのセルフプロデュース作戦の第6弾になります。

前回は「リラックスした会話」についてでしたが、

今回は『空気を読む』について。

 

まず間違いなく、空気が読める男性はモテます。

空気が読めるというのはイコールして気が利くということですから、

女性が何かしてほしい時にはそれをいち早く察して何かしてあげたり、

ちょっと文句を言いたいような気分になった時でも空気を読んで

ぐっとこらえて場の空気を悪くしなかったりと、

あらゆる局面で空気を読めるという男性はすごく強いです。


本来、男性が女性にそういう細かい気配りのようなものを

求めていたところですが、今では女性も男性にそういった気配りを

求める時代になったということですね。


みんなで何かをしている時には率先して後片付けをしてみたり、

人知れず洗いものをおえていたりと、そういう男性は非常に

ポイントが高いです。


逆に、すぐにおこったり文句ばかり言ったりと、空気を読まずに

自分の好きなようにばかりやっていたら、モテる男性からは

かけ離れていきます。


男性と女性の出会いの中で、得ることの出来る情報というものは

非常に少ないです。


その中で空気が読めないという情報が入ると、二人でやっていくのが

大変そうというイメージになりますよね。


もしそういうイメージを抱いてしまったら、そこから好きになっていく

ということはまずありません。


自分から好き好んで苦難に飛び込んでいくというようなタイプの

女性以外は、まずそんなことにはならないでしょう。

 

もし今まで空気をあまり読まずに好きにやってきたという男性がいたら、

常に気配りを聞かせて空気の読める男性になれば

おのずとモテていくはずです。


今回はここまで。


ではまた!