小椋プロデューサー、作戦その2

みなさんこんにちは。小椋悟といいます。

WEBプロデューサーやってます。

周りからは「小椋プロデューサー」とか「オグピー」とか

「おぐおぐ」とか呼ばれてます。

今後どうぞお見知りおきを。

 

さて、モテるためのセルフプロデュース作戦の第2弾になります。

前回は「自分磨き」についてでしたが、

今回は『男性の市場価値』について。

 

内閣府が行っている「国民生活選好度調査」というものがあります。

これは、国民が日々の生活でどんな意見を持っているかを聞き出し、

それを各政策の資料とするものです。


2010年に実施された結婚に関する調査で

30代の未婚男性に結婚観を尋ねたところ、最も多かったのが

「独身でも幸せな生活が送れる=40%」というものでした。


しかし、これはあくまでも30代の現状の話であって、

将来的にずっと独身で幸せでいられるわけはありません。

「独身でも幸せな生活が送れる」のは短期で見た場合の話であって、

長期で見れば逆転します。


確かに、30代であれば独身でいる利点は沢山あります。

人によっては「結婚するメリットを上回る」という意見を持つ人も

いるほどです。


まず、家庭を持っていなければ自分自身の行動を誰からも制限されません。

金銭的にも、自分の意のままに消費が可能です。

また男女の交際に関しても、

「結婚」という形を取らずに恋愛状態をキープしてさえいれば、

何ら不便はないのです。

こうやって「すべてが満たされた環境」に慣れてしまうがために、

自然と結婚を先延ばしにしてしまうのでしょう。


気持ちは分かります。しかし、結婚は相手がいて初めて成り立つもの。

アナタの都合が良いときに「結婚したい」と思っても、

歳を取るほどにそう物事は上手く進まなくなるのです。


結婚時の年齢にフューチャーする場合は、

女性に焦点が当てられることが多いのですが、

男性に関しても同じく年齢の問題は存在します。

男女問わずに年齢的に最も旬な時期を過ぎると、

意のままに婚活するのは難しくなるものです。

このことは往々にして「市場価値が落ちる」と表現されます。

 

男性の場合は30代であればまだそれなりに市場価値は高い状態を

キープ出来るのですが、40代になるとそういう訳にもいきません。

芸能人の結婚や一般論を鵜呑みにして、

「男は歳を取っても大丈夫」と根拠のない自信を持つ人がいますが、

それは大きな間違いです。傍から見れば40代は立派な「オヤジ」です。


その歳で年齢がひと回りも離れた女性と結婚できるのは、

それなりの地位を築いているか、資産を持っているかなど、

周りのライバルと何らかの差別化が計れる人に限られます。

ほとんどの人の場合、そう上手くいくことなどはありませんので、

悠長に独身生活を満喫している場合ではないのです。


「独身生活を満喫すること」と、「市場価値の高い状態での結婚」が

両立すれば何の問題もないのですが、人間である以上誰でも歳はとります。

しかるべきタイミングで「独身」と「結婚」の切り替えを自分で判断して

行動に移さないと、将来取り返しのつかない孤独な生活を

強いられることになるので注意しましょう。

 

今回はここまで。

ではまた!