読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小椋プロデューサー、作戦その50

みなさんこんにちは。小椋悟といいます。
WEBプロデューサーやってます。
周りからは「小椋プロデューサー」とか「オグピー」とか
「おぐおぐ」とか呼ばれてます。
今後どうぞお見知りおきを。

 

新年、あけましたね!おめでとうございます。

2017年も「モテるセルフプロデュース」を淡々と発信していきたいと思っています。

今年もどうぞよろしくお願いします!

 

さて、モテるためのセルフプロデュース第50弾です。

2017年第一弾が「50」なんて、なんだか幸先良いですね!

 

一言いいですか?

 

50って!笑

 

50回もモテ技を粛々と更新してるなんて僕結構やばくないですか?

小椋プロデューサーから小椋名人にグレードアップしそうな勢いですよ。

しかしですね、世の中っていうのは日々刻々と動き、それに伴って流行やモテる男のタイプも移り変わっていくものです。

このブログが100回、200回を迎える頃には第1弾のモテ技が使えなくなってる…なんてこともあるかもしれません。

それはそれで、とっても面白いと思いませんか?

「モテ」の変遷をこうして記録していくのはなかなか有意義なことだなぁ、なんて思うわけです。

ですので、今後も変わらずモテるためのセルフプロデュースを発信していきたいと思います!

 

…と、気合を入れなおしたところで第50弾です。

前回は『話して聞けば、モテる』でした。

今回は『幹事はモテる』です。

 

合コンや仲間内の飲み会で一番モテる人種…それは「幹事」!!

 

f:id:oguogu00000:20170105165037j:plain

 

人を集め、店を予約し、お金を集め、場を盛り上げ、酔っぱらった女性をさり気なく気遣う…。

一見面倒な役回りに思える幹事ですが、モテることを目的とした場合なかなか「おいしい」ポジションなのです。

女性はお酒の席でも意外と冷静にその場の雰囲気や男性の振る舞いをチェックしているものです。

それが合コンなどの出会いの席ならなおさらです。

皆が酔っぱらっている中スマートに場を取り仕切る幹事は、(例え本人がぱっとしなくても)幹事フィルターがかかって女性側からの好感度がうなぎ登りになります。

「いい仕事してるね!」なんて思われたり…思われなかったり…。

 

新年会があらゆるところで行われるこの季節、あなたも幹事に立候補してみては?

 

今回はここまで。

小椋悟でした!

小椋プロデューサー 作戦その49

みなさんこんにちは。小椋悟といいます。
WEBプロデューサーやってます。
周りからは「小椋プロデューサー」とか「オグピー」とか
「おぐおぐ」とか呼ばれてます。
今後どうぞお見知りおきを。


さて、モテるためのセルフプロデュース作戦の第49弾になります。

前回は『相席居酒屋は出会いに有効か否か』でした。

今回は『話して聞けば、モテる』です。

f:id:oguogu00000:20161222125945j:plain

 

「何を馬鹿なことを言ってるんだ?」というツッコミが飛んできそうなネタですね。

でもこれ、事実です。

 

相手が男性であっても女性であっても、私は人と話をするとき、常に以下のことを心がけています。

・自分が話し過ぎて、相手は不快感を抱いていないか?

・こちらが黙り込んでしまって、相手に気を遣わせてしまっていないか?

ハッキリ言ってこの2つさえ念頭に置いておけば、相手にとっても自分にとってもつまらない食事会や飲み会になる可能性は、かなり低くなります。

 

ただ、1つだけ懸念する点があります。

それは相手が、自分からお構いなしに話しまくるタイプの場合です。「ひたすら自分のことを話す人」と言い換えられるかもしれませんね。なんとか食事にまで持ち込めた女性がこういうタイプだった場合、私でしたらもう、アプローチを中止します。

 

そして別れ際に、

「あなたのこと『だけを』たくさん知ることができて、とても楽しい会でしたよ」

などと、相手の今後のためにも「チクリ、プスッ」となるような一言でもかけてあげましょう。

こういう人、意外と多いですから。

 

おっと、話が逸れました。今日伝えたかったことを一言で表すと、

「モテたいなら、話し上手で聞き上手になろう」

簡単にいうと、これだけです!

 

今回はここまで。

小椋悟でした!

小椋プロデューサー、作戦その48

みなさんこんにちは。小椋悟といいます。
WEBプロデューサーやってます。
周りからは「小椋プロデューサー」とか「オグピー」とか
「おぐおぐ」とか呼ばれてます。
今後どうぞお見知りおきを。


さて、モテるためのセルフプロデュース作戦の第48弾になります。
前回は「男が嫌いな男 飲み会編」でした。
今回は『相席居酒屋は出会いに有効か否か』です。

 

f:id:oguogu00000:20161219170521j:plain

 

相席居酒屋とは「合コン居酒屋」とも呼ばれます。

男性は30分1500円、女性は無料で飲み食いできる居酒屋のことです。

婚活パーティーのように対象者に年齢や職業などの明確な縛りがないので、さまざまな女性と出会い飲むことができます。

 

これはあくまで僕自身の経験からの意見ですが、僕は出会いを求めるのに相席居酒屋を使うのはあまりお薦めできません。

なぜなら、『払う金額に対して還元される利益が少ないから』。これに尽きます!

 

相席居酒屋は基本的に女性が無料で、その分を男性が払い自動的に男性が「おごる」システムです。

とある調査で分かったことなのですが、恋人と出会いたくて相席居酒屋に来ることが多い男性に比べて、女性は「無料で飲めてお得だから」という来店理由が最も多かったそうです。

つまり、相席居酒屋に来る理由が男女で決定的に食い違っているんですよねぇ。

またこれは男女ともに言えることですが、来店する人間のタイプが幅広すぎてなかなか好みのタイプに出会えないという「効率の悪さ」があります。

惚れた相手が好みです、という人ならいいのですが、大抵の人間には好みのタイプがありますよね。

誰と相席になるか分からない相席居酒屋よりも、あらかじめ来る人間のタイプが予想できる婚活パーティーの方が効率良く出会える!というのが僕の経験談です。

1時間いるだけで3000円かかる相席居酒屋より、2時間5000円で婚活パーティーに行った方が満足感がありました。

 

でも、異性の友達づくりなら相席居酒屋はおすすめです!

初対面とはいえアルコールが入っているので打ち解けるのも早いですし、さまざまなタイプの女性がいるので普段なかなか聞けない話が聞けたり。

こういうのは相席居酒屋ならではのメリットだな~と思いますね。

 

 

今回はここまで。

小椋悟でした!

小椋プロデューサー、作戦その47

みなさんこんにちは。小椋悟といいます。
WEBプロデューサーやってます。
周りからは「小椋プロデューサー」とか「オグピー」とか
「おぐおぐ」とか呼ばれてます。
今後どうぞお見知りおきを。


さて、モテるためのセルフプロデュース作戦の第47弾になります。
前回は「街コンと婚活パーティーの違い」でした。
今回は『男が嫌いな男 飲み会編』です。

f:id:oguogu00000:20161215172825j:plain


暦はもう12月。

この時期になると忘年会やら年内滑り込みの合コンやらクリスマスパーティーやらで人付き合いの機会が多くなります。

しかし、せっかく美味しい食事とお酒で日頃のストレスを発散するぞ! と思っていても、その場にイライラさせる人物がいるとさらにストレスがたまってしまいますよね。
さて、人はどんな人物にイライラするのでしょうか。

今回は男性からみた「男が嫌いな男」。それの飲み会バージョンをご紹介します。


3位:しゃべらない

ああ~いますね~こういう男~(ウンザリ)。せっかくの合コンでも、恥ずかしいのか何なのか、まったくもって自分から話そうとしない人。しかも相手(女子)から話をふってもらってもノリの悪い返答しかしない。「何しに来たんだ!」とトイレに続く廊下あたりで小一時間くらい問い詰めたくなります。ここで名言しましょう。『社会人になってまで人見知りとか堂々と言ってるやつはただの甘ったれ』。いつまでモラトリアム気取ってるんだか。


2位:自慢話ばかりする

これも厄介ですね~。有名企業に勤めてるだとか、高級車に乗ってるだとか、収入が多いだとか……ウソでもホントでも腹立つわあw あまり謙遜されてもかえっていやらしい気がしますが、だからってバリバリに自慢されたいわけでもありませんよ、誰だってw この手の話は逆に自分の品格を落としかねないと覚えておきましょう。


1位:秘密を暴露する人

コレ一番ダメなやつだわw 特に酔った勢いで言っちゃうやつ。大体そういうときの暴露ネタは「真実の3割増し」くらいになっているものですw 笑える内容ならともかく、どうひねっても笑えない内容だとその場にいるメンバーの顔が引きつることに。そして言った方も聞いた方も確実に翌日後悔しますw 酔っていて覚えていない、は通用しないものと思っておきましょう。


いかがでしたか。

しかし、ここまで書いておいてなんですが、実は男同士だとそんなに好きだの嫌いだのでモメません。

なぜなら、男同士は女性同士の付き合いに比べてドライなので、「そもそも好きじゃない相手とは飲みにいかない」のがほとんどだからです。もちろん仕事での付き合いなど、そうもいっていられない場合はありますが、基本的には気の合わない相手とわざわざ同じ時間を共有しようとしません。

これが女性同士だと、もっと複雑でややこしい気遣いとかが発生するので、イヤだな~と思う相手とも付き合わなきゃ、となるのでしょう。大変ですなあ、女性はw


今回はここまで。
小椋悟でした!

小椋プロデューサー、作戦その46

みなさんこんにちは。小椋悟といいます。
WEB
プロデューサーやってます。
周りからは「小椋プロデューサー」とか「オグピー」とか
「おぐおぐ」とか呼ばれてます。
今後どうぞお見知りおきを。


さて、モテるためのセルフプロデュース作戦の第46弾になります。

前回は『理系はモテる!』というテーマでした。

今回は『街コンと婚活パーティーの違い』についてです!

 

街コンも婚活パーティーも、どちらも頻繁に聞かれる言葉ですよね。

街コンはその街で行う婚活イベントで、婚活パーティーは街関係なくパーティーごとに集まったメンバーで行う婚活イベント…という認識の人が多いと思います。

間違ってはいないのですが、『婚活』や『出会い』という観点で見ていくとこの2つの間には大きな違いがあります。

それぞれの特徴を見ていって、どちらが異性との出会いに有効かジャッジしていきましょう!

 

f:id:oguogu00000:20161213170511j:plain

 

まずは街コンから。

街コンの特徴としては以下のことが挙げられます。

 

(1)1対1のセッティングはされない

(2)彼氏持ちや彼女持ち、既婚者も参加している

(3)友達づくりに利用している人も多い

 

まず(1)について。

街コンは男女のペアで何かする、というよりは皆でワイワイ楽しむものが多く、そのため自分から強めにアタックしていかないと意中の女性と2人きりになるのは難しいです。

自分から行くのは苦手、という男性にはあまり向いていないかもしれません。

そして(2)について。

え!?とびっくりするかもしれませんが、街コンは婚活というよりも人脈作りや友達作りに利用されることも多いのが実状です。

そのため街コンであってもカップルや夫婦で参加する人たちもいます。

最後に(3)について。

(2)で挙げたように、友達をつくるのが目的で参加している人も多く、参加者全員が出会いを求めているわけではありません。

婚活したくて来たんだよ!という人にとってはただの時間の浪費になってしまうことも…。

 

 

お次は婚活パーティーの特徴を挙げていきます。

 

(1)20代~30代が中心

(2)出会いに対するモチベーションが高い

(3)街コンよりも時間が短い

 

まずは(1)について。

婚活パーティー参加者は結婚前提の恋愛を求めている人がほとんどなので、年齢層は街コンに比べて20代~30代と若いのが特徴。

この年代の相手を求めている人にとってはメリットを言えるでしょう。

次に(2)について。

結婚願望がある人が多いので、出会いや恋愛に対するモチベーションが高いです。

相手も積極的に来ますし、こちらもガツガツ行っても問題なし。

最後に(3)について。

街コンが数店舗のお店を貸し切り2時間~4時間開催するのに対し、婚活パーティーは一つのお店で大体2時間くらいで終わるところがほとんど。

2時間を長いととるか短いととるかはその人次第ですが、奥手な人にとっては慣れてきたな…くらいで終わってしまう可能性が。

 

 

結論として、婚活や出会いに有効なのは婚活パーティーだと言えます。

街コンはもう少しゆるい友達づくりのためのイベントと認識しておいた方がいいかもしれませんね。

出会えなくてもともと、出会えたらラッキーくらいの気持ちで。

 

ちなみに最近よく聞く『相席居酒屋』はやめた方がいいですよ!

これについてはまた機会があれば書きたいと思います…。

 

それでは今回はこの辺りで。

小椋悟でした!

小椋プロデューサー、作戦その45

みなさんこんにちは。小椋悟といいます。
WEB
プロデューサーやってます。
周りからは「小椋プロデューサー」とか「オグピー」とか
「おぐおぐ」とか呼ばれてます。
今後どうぞお見知りおきを。


さて、モテるためのセルフプロデュース作戦の第45弾になります。
前回は『三低男はモテる』でした。

今回は『理系はモテる』です!

 

f:id:oguogu00000:20161212160236j:plain

 

身近に、理系がゆえに身の回りで女性との出会いがない…と嘆いている男性はいませんか?

大学の理系学科って女性少ないですもんね…。

当然ながら理系が就職していく分野でも女性は少ないです。

「リケジョ」なんて言って理系女子が取り上げられるのは珍しいからですし。

 

しかし。

落ち込む理系男子に言いたいのは…理系はモテるぞ!ってことです。

 

理系がモテる理由として以下の3つが挙げられます。

 

(1)知的なイメージ

理系は文系に比べて専門的な分野を学ぶことが多いので、知的なイメージが持たれやすいです。

実際に大学における理系の課題ってエグいくらい難しかったりしますし、研究室にこもりっきりで研究…なんてことも多いですよね。

日頃から勉強しなければやっていけない分野であるからこそ、理系男子には知的なイメージがつきやすいです。

インテリ好きの女性は多いですからね。理系男子のみを集めた婚活パーティーも開催されるほどです。

 

(2)性格が良い

これはあくまでも女性側が持っているイメージです。

実際理系でも悪い奴もいるとは思います…。が!

理系畑が男性ばかりというのは先ほども書きましたが、そんな環境のせいか女性慣れしていない理系男子ってとても多いんです。

女性の扱い方に慣れていないからこそ、彼女ができたら大切にしますし、毎日の研究で培われた「まめさ」を発揮して彼女にも尽くしてくれる…人が多いんだとか。

そういった女性にとって嬉しいポイントを総合して「性格が良い」という印象が持たれているのかもしれませんね。

 

(3)高給取り

金か!と叫びたくなりますが、そうです。金です。

医者や研究職って年収が高いイメージがありますし、文系に比べて理系は少ないので出身大学に関係なく大手企業の技術職に就けたりします。

こうしたことから理系男子=高給取りという印象がついているようですね。

 

 

以上の3つ以外にも機械に強いだとか頼もしい(?)だとか、理系男子を推す女性たちの声はよく聞かれます。

確かに職場環境等は出会いが望めるものではないかもしれませんが、需要は確実にあります!

もし周りに悩んでいる理系男子がいたら、ぜひ婚活パーティーや合コンに引っ張っていきましょう!

本人が思うより、女性たちの反応は良いはず。

 

今回はここまで。

小椋悟でした!

小椋プロデューサー、作戦その44

みなさんこんにちは。小椋悟といいます。
WEB
プロデューサーやってます。
周りからは「小椋プロデューサー」とか「オグピー」とか
「おぐおぐ」とか呼ばれてます。
今後どうぞお見知りおきを。


さて、モテるためのセルフプロデュース作戦の第44弾になります。
前回は「不器用な男は30代女性からモテる」でした。
今回は『三低男はモテる』です。

f:id:oguogu00000:20161208115806j:plain

 

この三低とは、低姿勢・低リスク・低依存の3つの「低」を意味します。

一昔前のバブルの頃は三高(高学歴・高収入・高身長)が持てはやされていたのと比べると、本当に、隔世の感がありますね。

 

言葉を一つずつ見ていきましょうか。

①低姿勢

腰が低く謙虚で、レディファーストであるということでしょうね。私の周りの女友達を見渡しても、「俺についてこい!」みたいな亭主関白を求めている人は、もう皆無です。男性の友達を見渡しても、こんな昔ながらの男らしい男は本当に減ってしまいました。高倉健鶴田浩二が演じる任侠物の映画はこの種の男ばかりが登場しますが、テレビやスクリーンの中の男性像も様変わりしてしまいましたねぇ。

 

②低リスク

公務員や資格を必要とする職業など、リスクが低い安定した職業に就いている、と解釈しています。今や会社員でも過労死する時代です。芸術系の仕事なども、非常に波が激しいうえに安定感には欠けるでしょう。こうした「夢を追う」タイプの仕事よりも、パートナーには安定していて堅実な仕事に就いてほしい、ということでしょうか?

 

③低依存

自分に依存してこない、つまり束縛してこないということでしょうか? 低姿勢でリスクも低く自立している、はっきり言って三低はモテモテだと感じるのは私だけでしょうか?

 

でも! 人生って何が起こるかわかりませんよぉ。典型的な三低男と結婚した女友達がいます。「もう安心」と思いきや、その旦那は大きな病気を患って、会社を退職してしまいました…。その女友達は今、旦那の看病と仕事とで孤軍奮闘しています。

 

人生ってわからないものですね。

 

今回はここまで。

小椋悟でした!